< | | 2 | | >

 

 

お迎えいただいた赤ちゃん。

 

● ぷにたんちゃん

 

 

脱嚢:2018/02/18

開眼:2018/02/28

毛色:クラシック possプラチナ50%

性別:♂

性格:やっぱり男の子ですね。 とっても人懐っこくて少し離れてみるとサササって身体にしがみ付いてきます。

両親:お父さん:モザイク hetプラチナ(チョッキ柄)

   お母さん:モザイク(白系)

メモ:一人っ子で母乳を独り占めしているせいか、大きな子です。 順調に成長していて、今(2018/03/07)では、首元から洋服の中に入ってお腹の上で熟睡しています。

 

 

2018/03/24(土)

お迎えいただきました。

 

はじまりの時

こてつくんとろろちゃんが育んだ赤ちゃんが、新しいご家族さまにお迎えされました。

ご家族さまは、ご夫婦と5歳のお嬢さまの3人家族

今日から4人家族になります。

名前は、「ぷにたん」

お嬢さまが名付け親です。

 

今回お迎えするまでに3度お越しいただきました。

1度目は、ちゃむ家の環境と子供たちを見ていただくため...

2度目は、お迎えをお決めになった赤ちゃんを見ていただくため...

そして待ちに待ったこの日、やっとお迎えいただくことが出来ました。

 

お嬢さまが小さいこともあり、悩みに悩んでお迎えを決められたようです。

希望に夢ふくらませ、将来ぷにたんとの楽しい生活を想像していらっしゃるに違いありません!

もちろん不安もあると思います。

これからちゃむ家が精一杯ご家族さまと共にご協力させていただきます。

 

お嬢さまが、毎日「ぷにたん、ぷにたん」と呼び、遊ぶ姿が目に浮かんできます。

これからお嬢さまと共に、寄り添って、寄り添われて、ぷにたんは成長していきます。

ぷにたんがご家族さまとともに幸せになってくれると信じています。

 

飼い主さま喜びをちゃむ家も一緒に共有できてとても幸せでした。

末永くぷにたんをよろしくお願いいたします。

 

● 2018/03/16 お迎えされるご家族さま、赤ちゃんの様子を見にご訪問 可愛い天使が小さな天使に会いに来てくれた日

● 2018/03/24 お迎えの日

 

ぷにたんの飼い主さまからいただいたお言葉 2018/04/04

 

娘がペットショップでフクロモモンガを見て飼いたいと言ったのがきっかけで、調べているときにちゃむ家のいきものたちさんに辿り着きました。

丁度そのときに脱嚢予定だったのがぷにたんでした(*^^*) 連絡をして見学をさせていただき、どのフクモモちゃん達も人懐こいことに驚きました!

2度目の見学ではぷにたんに会うことができ、その可愛いさに心奪われました☆

子供もまだ小さいので迷いはありましたが家族で話し合い、お迎えしようと決めました。

ぷにたんはお迎えした初日はブギブギと怖がっている様子でしたが翌日からはそれもなくなり、お迎えしてから毎日洋服の中で寝てくれています(´∀`) 子供が少し強引に触っても怒らない本当に良い子ちゃんです。

ちゃむ家さんにはお迎えしてからも体重や食事、温度管理についてなど沢山アドバイスしていただき、アフターケアも本当に素晴らしいです!

フクモモ愛が溢れています(´∀`) そんなブリーダーさんに出会い、お迎えできたことを嬉しく思います!

ちゃむ家さんの愛情を受け継いで今度は私たち家族で大切に大切に育てていこうと思います(*^^*)

これからもどうぞよろしくお願いいたします☆

 

 

 

 

● オルちゃん

 

 

脱嚢:2017/11/07

開眼:2017/11/18

毛色:クラシック

性別:♀

体重:32.3g(2017/12/07)

性格:のんびり屋のとっても大人しい子です。

両親:お父さん:クラシック

   お母さん:ティップテール

 

 

2018/01/06(土)

お迎えいただきました。

 

ちゃむ家の子が育んだ赤ちゃんをお迎えしていただきました。

飼い主さまは Instagram @aro0318 さま。

ちゃむ家からのお迎えは3匹目で「アロちゃん」「ミリちゃん」そして今回お迎えした「オルちゃん」

女の子ばかりの6匹飼いになる飼い主さまです。

オルちゃんの名前の由来は、ハワイ語のオルオルからつけられたそうです。

意味は、「心地よい・優しい」. 名前の通り、優しい子なのは元より、オルちゃんが傍にいるだけで穏やかになれる、そんな素敵な子に育ってくれると信じています。

今回お迎えしていただいたオルちゃんには、尻尾の先端2㎝くらいの剥げがあります。

お迎えを先延ばしにさせていただき、しばらくちゃむ家で様子を見させていただきました。

病院でも検査しましたが、原因がまったく分かりませんでした。

オルちゃんは、ちゃむ家の坂田くんの双子のきょうだいになります。

ご存知の方もいると思いますが、坂田くんの尻尾は現在怪我をしており、先端2㎝くらいが壊死して短くなると予想されます。

それと同時くらいにオルちゃんの尻尾の剥げがはじまりました。

怪我の原因である母親ときょうだいを離しての様子見でしたが、オルちゃんに関しては怪我もありませんでした。

世の中には説明のつかない出来事がたくさんあるみたいです。

今回の坂田くんの尻尾の壊死とオルちゃんの尻尾の剥げの場所と長さがまったく同じなのです。

人間の双子も、兄弟に何かがあると、もう片方が何かを感じると言われるように、説明のつかないようなことがあったのでは?と思ってしまいます。

そんなバナナと思われる方がほとんどかと思いますが、ポジティブに考えて、今回お迎えしていただけることとなりました。

オルちゃんは、決して他の子にヒケをとらない素敵な子だと思っております。

しかしながらお話しさせていただいたように問題のある子です。

この先オルちゃんの尻尾がどのようになるかまったく分かりません。

そんな子を快く「お迎えしたい」と言っていただけたこと、飼い主さまには、本当に感謝しております。

飼い主さまとは、1匹目のアロちゃんをお迎えしていただいてから、かれこれ1年近くのお付き合いで、とても尊敬する素敵な飼い主さまです。

環境が変わり、飼い主さまの温かい心でオルちゃんを包み込んでいただければ、剥げが治るのでは?と希望を抱いております。

今後は、飼い主さまとちゃむ家で一緒になってオルちゃんを見守っていきたいと思います。

どうかオルちゃんを末永くよろしくお願いいたします。

そして一緒にオルちゃんの様子を見させてください。

本当に本当にありがとうございました<(_ _)>

 

● 2018/01/06 お迎えの日

 

オルちゃんの飼い主さまからいただいたお言葉 2018/01/10

 

「ちゃむ家のいきものたち」さんからのお迎えは今回で3匹目になります(ㅅ´ ˘ `)♡

去年3月にアロをお迎えしてからフクロモモンガの可愛さに心を奪われ(笑)現在女の子6匹となりました😊💕 出会ってから約1年、ちゃむさんとはなにかと連絡をとり、相談などもたくさんしてきました。その度いろんなアドバイスをくださり、何事もなくみんな元気に育ち幸せな毎日です◡̈♥︎

今回、オルのお迎えをするまでには少し時間がかかりました。

ちゃむさんが書いている通り尻尾の毛が一部ない状態が続き、様子を見て頂いていました。

でも、原因がわからないので状況は変わらず、環境が変わったら…ということもあり治っていませんでしたが、お迎えすることにしました☺️だって、毛がなくても可愛い子には変わりないのですから!

いつもより少し遅いお迎えとなりましたが、ちゃむさん家の子だから…と不安は全くなく!笑 実際、とても懐っこい可愛い子でした💕

初日から部屋散歩もたくさんして、、呼んだらジャンプもしてきてくれて、食欲も良く…昼寝も一緒にしてくれるとてもとても良い子です!

こんな素晴らしい子に育ててくださったちゃむさん達には感謝感謝です。

ちゃむさん家からお迎えした方は分かると思いますが、他でお迎えした子とは全然違うと思います。

根本的な懐き方が… 是非、知りたい方はお迎えしてくださいね😍?笑

うちみたいにちゃむ家のフクロモモンガの虜になるかも?!笑

そして、ちゃむさん家を通してたくさんのフクモモ飼いさんとも繋がることができ、楽しいフクモモライフを送れています。

ありがとうございます😆❗️ これからも、宜しくお願いします🙇‍♀️✨

 

 

 

 

● プリンちゃん

 

脱嚢:2017/11/05

開眼:2017/11/17

毛色:クラシック(センターラインが太い子)

性別:♀

体重:14.8g(2017/11/19)

性格:よく動く活発な子

両親:お父さん:ホワイトフェイス

   お母さん:クラシック

 

2017/12/17(日)

お迎えいただきました。

 

今日から君の名前は、プリンちゃん。

素敵なプリンセスになれるようにって新しいご家族さまがつけてくれたよ。

他に9歳のミミちゃん、3ヶ月のマイケルくんがいるから寂しくないからね。

そしてなんとご家族さまは、ダンスの先生だってさ。

君も踊れるようになるかな?

楽しみだね。

ご家族さまに手を支えてもらって、ステップを踏むように新しい素敵な物語を作るんだよ。

 

「るんたったぁぁぁ♪ るんたったぁぁぁ♪」

 

いつかまた会えるからね。

その時はどんな素敵なダンスを踊ってきたか聞かせておくれ。

そして成長した立派な姿を見せておくれ。

新しいご家族さまにたくさんの癒しを振りまいて幸せにしておくれ。

そしていっぱいいっぱい可愛がってもらうんだ。

いつまでも君の幸せを願っているよ。

 

新しいご家族さま、末長くプリンちゃんをよろしくお願いいたします。

ご家族さまとペットたちが、いつまでも健康で幸せな日々を重ねられますよう、心からお祈りしております。

 

飼い主さまは東京世田谷にある 豪徳寺ダンススクール の講師 兼 経営者さま。

今は、トップダンサーの息子さん 銀河さまが中心になって活動されていらっしゃいます。

この笑顔がダンスになると、まるで般若のような顔になると言う噂を...聞いたことありません。

とっても優しい先生だと思います。

ダンスに興味のある方は是非 豪徳寺ダンススクール に Go!

 

追伸 : 素敵な笑顔をありがとうございました。

 

● 2017/12/17 お迎えの日

 

プリンちゃんの飼い主さまからいただいたお言葉 2017/12/18・25

 

2017/12/18

12月17日 可愛いチャム家の天使ちゃんをお迎えさせていただきました。 我が家には、先住の9歳になるモモンガのミミちゃんと3カ月のマイケル君がいます。 ミミちゃんは手作りご飯でペレットを全く食べないモモンガちゃんに育ててしまったので、里親募集のサイトからのご縁でお迎えしたマイケル君はペレットで育てたく、フクロモモンガのご飯の検索中にチャム家さんを知りました。 早速、チャム家さんからおススメのペレットを購入したところ食いつきバッチリ!本当に助かりました。 実はこのマイケル君、お迎えした時には全く慣れていなくて怒るわ、噛み付くわで、ちょっと大変な子でした。 いろんなペットちゃんの飼育経験のある私でしたが、なんだか嫌われているみたいで何度も泣きそうになりました。 ペットショップで購入したミミちゃんはおとなしい女の子だったので、飼育にも困った事はありません。マイケル君、せっかく我が家の子になったのに、どうしたものかと思い悩み、改めてフクロモモンガの事をいろいろ勉強する必要がありました。 そんな中で、チャム家さんのHPには本当に助けられました! とにかく根気良く、愛情を持って接しているうちにマイケル君にも少しずつ変化があり、今ではなんと超ベタ慣れちゃんです。 動物大好きで、我が家にはモモンガちゃんだけでなく小鳥ちゃんやワンコちゃん、金魚ちゃん、18歳の娘(此奴の飼育が一番大変ww)もいますが、しばらくマイケル君優先で生活していたら、いつのまにかモモンガ愛に私が目覚めてしまいました(笑) そして、過保護な母親気分(笑)でマイケル君のお嫁さんは絶対にチャム家生まれの子!と心に決めたのでした。 そしてチャム家さんに、女の子が生まれたら是非とお願いしました! 特別急いでいたわけではないのですが、そんなモモンガ愛MAXの時に生まれて来てくれたのが、我が家に来たプリンちゃんです。 マイケル君のお嫁さん、そして我が家の大切なお姫様なので名前はプリンセス!プリンちゃんと名前も決めて見学に伺ったのが先月の終わりです。 チャム家さんはモモンガ愛に溢れるブリーダーさんです。チャム家に生まれた天使ちゃんは愛情いっぱいに育てられ本当に幸せです。そしてチャム家さんから育まれた愛情をいっぱい新しい家族に与えてくれると思います。 チャム家さんと知り合えて、モモンガちゃんの事も改めて勉強させられ、モモンガ愛にも目覚め、こうしてプリンちゃんと出逢えた事に感謝です。 我が家でベビーちゃんが誕生するなんて、まだまだ先で夢のような話ですが、チャム家さんがついているので安心で心強いです。 チャム家様、どうぞ今後ともよろしくおねがいいたします。 チャム家さんはプリンちゃんの実家ですから、我が家とチャム家さんはもう親戚ですね(笑) やった〜!! なんだが嬉しいです(≧∀≦)

しばらくしたらまたプリンちゃんの様子をお知らせいたしますね!

 

2017/12/25

プリン姫がうちに来てから1週間が経ちました。 よく寝て、よく食べ、よく遊び、体重も順調に増えてスクスク元気に育っております。 怒って鳴く事は一度もありません! マイケル君が激しかっただけに、この違いは何⁈と思ってしまいます(笑) マイケル君は、今はおやつを私の手から受け取って食べ、ご飯を食べる姿も見せてくれますが、慣れるまではコソコソって感じで警戒心がとても強かったのですが、プリンちゃんは全然違います。 環境が変わって大丈夫かな、と心配する私の気持ちを見事に裏切り、目の前でご飯をパクパクでした。 一番驚いたのはお迎えした次の日に、フクロモモンガがご機嫌な時に鳴くプクプク〜を聞いた事です。なんとも言えない幸せな気持ちになりました。 生まれた時からチャム家で愛情いっぱい注がれて、本当に手塩にかけて育てられた事を実感した瞬間でした。 プリンちゃんには人にたいしての警戒心は全くありません。むしろ絶対的な信頼があり人の手の温もりに安心するようです。 人間もそうですが、動物も生まれてからの環境でその人となり、動物なりが随分変わるのだと思います。 ペットちゃんを飼っていて一番嬉しいのは、ペットちゃんのして欲しい事、したい事などの気持ちがわかり、それに応えてあげて喜んでもらえ、心が通じたと感じた瞬間です。 言葉は喋れませんがペットちゃんにもちゃんと意思と気持ちがあるので、飼い主になった以上はそれに応えて、最後まで責任をと愛情を持ってお世話する事が私の義務だと感じています。 今、子供の数よりペットの数が多いらしく、ペットショップもたくさん、ブリーダーさんもたくさんあります。 そんな中で単なるペット対応ではなく、命あるものとして動物ちゃんに愛情と責任を持って飼育しているショップさんは数少ないと思います。 チャム家さんはフクロモモンガの命のバトンを繋いでくれるブリーダーさんですが、ただのブリーダーさんではありません! チャム家パパさんにはフクロモモンガの神様がきっと降りていますね(笑) 今時の言葉であらわすと"神ってる"チャム家パパさんです! なので、きっとうちにきたプリンちゃんの様な良い子ちゃんに育つのだと思います。 お迎えするまでにしっかり下地を作って下さったチャム家さん。 チャム家のHPを読ませて頂いたり、チャム家パパさんとたくさんお話しさせて頂いた事でフクロモモンガの事が本当に良くわかり、ますますフクロモモンガが近い存在になりました。

これからも我が家の宝物として大切にさせていただきますね!

 

 

 

 

● こむぎちゃん

 


脱嚢:2017/11/05

開眼:2017/11/17

毛色:クラシック(センターラインの細い子)

性別:♀

体重:27.3g(2017/12/07)

性格:ものおじしない穏やかな子

両親:お父さん:ホワイトフェイス

   お母さん:クラシック

 

2017/12/09(土)

お迎えいただきました。

ご家族さまは、Instagram @miruchocofa さま。

名前は、こむぎちゃん 女の子。

7歳になる先住のミルチちゃんが少しでも寂しくないようにと、こむぎちゃんをお迎えされました。 他にもウサギやハムスターを飼っている動物が大好きなご家族さまです。

お迎えする前に1度見学に来ていただいた時は、奥さまと娘さんのお二人で、旦那さんは駐車場で睡眠中とのこと。

旦那さんは、可愛がりたいけど先住のミルチちゃんに相手にされないらしくちょっとスネ気味(ちゃむ家の想像 笑) 今回のお迎えの時には家族全員で来てくださいね!とお願いしていたので、イヤイヤ?旦那さんにも来ていただきました。

そんな旦那さんは終始ちゃむ家の坂田利夫師匠を「可愛いなぁぁぁ可愛いなぁぁぁ」と言いながら可愛がっていただき、お世辞かもしれませんが、「来てよかったぁぁぁ」と言っていただけたのがとても嬉しかったです。 少しでもフクロモモンガの見方が変わって家族みんなでこむぎちゃんを育んでいただけたらこんな嬉しいことはありません。 こむぎちゃんも家族全員に接することで、さらに素敵な子に育ってくれるはずです。

娘さんは、自分の手の中や洋服の中で寝る赤ちゃんを恥ずかしそうに、そして嬉しそうに眺めている光景がとっても可愛くて、それをそっと見てちゃむ家もお裾分けをもらいました(笑

奥さんは、旦那さんと娘さんをライバル視しているかのように「その子私の子!」「わたしに一番慣れさすんだからね!」と言わんばかりに睨みをきかしていました(笑

そんなご家族さまの光景を見ることが、ちゃむ家にとっての最高の喜びであり、幸せです。

この度はちゃむ家の子をお迎えしてくださりありがとうございました。

末永くこむぎちゃんをよろしくお願いいたします<(_ _)>

ご家族さまとペットたちが、いつまでも健康で幸せな日々を重ねられますよう、心からお祈りしております。

 

● 2017/12/09 お迎えの日

 

こむぎちゃんの飼い主さまからいただいたお言葉 2017/12/13

 

ちゃむ家さんを知ったのはインスタでフォローさせて頂いてるaroさんのlive配信でした。ブリーダーさんだと知り、すぐフォローさせて頂きました( ´͈౪`͈ )ちゃむさんのHPを拝見したら、お悩み相談というページが・・・!フクモモを長い間飼っていても分からない事も多く、今まで誰かに相談した事も無かったので相談出来るんだと知った時は嬉しかったです。 相談させて頂くと、とっても親身になって話を聞いて下さり、色々なアドバイスを頂きました!今までどれだけ自分が適当だったか気付きました(;´ω`)本当に色々教えて頂いて助かりました。先住のミルチとも更に距離が近づきました(❁´ω`❁) 次にフクモモをお迎えするならちゃむさんのところから!とすぐに思いました。そして次に女の子が生まれたらお迎えさせて頂きたいですとお伝えしました☆ そして出会ったのがこむぎちゃん♡なんて可愛いんでしょう(/ω\*)ミルチはペットショップからお迎えした子で、それでも私に懐いてくれるのは割と早かったのですが・・・こむぎちゃんの人懐っこさには驚きました・・・!お迎え初日はジコジコを聞きましたが次の日からはほとんどジコジコもなくなり、すぐに慣れてくれました♡お迎えして5日目の今では自分から服の中に入ってくれます(/ω\*)やっぱり愛情込めて育てているブリーダーさんのところの子は全然違います!ミルチに相手にされない旦那や娘にも懐いてくれて家族全員で可愛がる事が出来てます( ´͈౪`͈ )可愛いこむぎちゃんを取り合い状態です(笑) 本当にちゃむさんには感謝でいっぱいです!素敵なブリーダーさんと知り合えて良かったと心から思います(❁´ω`❁)

 

 

 

 

● レオくん

 

2017/10/19 脱嚢

クラシックの男の子♂

お父さん:クラシック

お母さん:クラシック

一人っ子なのでお母さんの愛情を独り占めして成長しております。 ♂ですので、お迎えの時にはベッタベタのベタ慣れ状態になっているはずです。

この子の脱嚢後の育児経過 ≫ こちら

 

2017/11/22(水)

お迎えいただきました。

東京にお住まいのカップルさんです。

先住の子 モモくん♂・ぷぅちゃん♀・チョロちゃん♀ 3匹の飼い主 Instagram @miho12080401 さまです。 チョロちゃんは、モモくんとぷぅちゃんの子供で、育児放棄されてしまい冷たくなった身体を彼女の懸命の介護で命をとりとめた奇跡の子。 そんなチョロちゃんのお婿様としてお迎えされました。

名前は、レオくん 男の子♂です。

彼女は、ケージからポーチまで自作してしまうほどフクロモモンガが大好きな素敵な女性です。

彼氏は、そっとちゃむ家と彼女の話しを聞きながら後ろでサポートする優しい男性です。

当日LINEで「彼氏の仕事が午前中で終わるんです」と... 「見学に来る?」と一言お伝えすると即答で「行きます!」との回答が... とても寒い日に片道2時間かけて2人でお越しくださいました。 この時ちゃむ家は彼女の計画的策略をまだ知らなかったのです...

レオくんはとってもいい子でお二人に会っても鳴くこともなく予想通りすぐに懐いてくれました。 やっぱり男の子は早い! 彼氏の顔と頭で遊んで毛をむしりつつ、最後には首からお腹に入って寝てくれました。

彼女のレオくんを見る輝いた瞳、赤ちゃんをそっと包み込むような優しい手、そっとカバンに忍ばせてきたポーチ... 「ん?ポーチ?ん?」 ニヤッっと笑うその瞳の奥にちゃむ家は感じてしまったのです! 「お迎えしたい」と言う心の叫びを... もうそんな瞳で見られたら...

熟慮に熟慮を重ね、話し合った結果お迎えしていただくことになりました。 やはりどの子も愛情込めて育てた子供たちです。 ちゃむ家の送り出す気持ちの準備が... まあ、そんなちゃむ家の気持ちなんてことよりレオくんの将来の方が何十倍も大事ですね。 こんな素敵な飼い主さんにお迎えしていただけるんですもん、レオくんは幸せ者です。

将来、レオくんとチョロちゃんの赤ちゃんが欲しいと言われていたので、ちゃむ家も楽しみにご連絡をお待ちしております。

この度はちゃむ家の子をお迎えしていただきありがとうございました。 末永くレオくんをよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

● 2017/11/17 お迎えの日

 

レオくんの飼い主さまからいただいたお言葉 2017/12/10

 

ちゃむ家さんを知ったきっかけは、我が家で生まれて育児放棄されたちょろをどうやって育てるかいろいろ検索してたら、ちゃむ家さんのブログにいきついたのがきっかけでした。そこからもブログや動画などいろいろ見て、そろそろちょろにもお婿さんがほしいなぁって彼と相談してて、今回はペットショップじゃなくてブリーダーのところでお迎えしようってことで、それならちゃむ家さんとこがいいってことになって、メールを送ったのがレオとの出会いでした。 連絡のやり取りをしてるときに彼が午後休になったときにレオを一度見に行ってみて、あわよくば連れて帰れるかもって思いながらお出かけポーチをバッグに忍ばせて・・・ 会ってみると超かわいい(n*´ω`*n) 写メや動画など送ってくれてたんですが、生で見るとやっぱり可愛くて 連れて帰ったあとも、ちゃむ家さんにはほんとにお世話になりっぱなしで、おもしろくてやさしくてアイデア料もとられそうになりましたが、本当に おすすめのブリーダーさんですっ。

 

追伸 帰りの電車の中で彼がちゃむさんのことを商店街の野菜売ってるおっちゃんみたいって言ってました(笑

 

 

 

 

 < | | 2 | | >