ちゃむ家のイキモノたち。

ホワイトフェイスちゃんのお迎え(*´ω`) ()
おはようございます(*´ω`) シルバーウィークも後半ですね。 みなさま楽しまれていますか?(・ω・) ちゃむ家では、待ちに待ったこの日をお迎えするご家族さまがいらしてくれました。 そう。お迎えの日なんです( *´艸`) この日まで何度も会いに来てくださったご家族さま。 待っていたのは、ご家族さまもホワイトフェイスちゃんも同じ。 とっても慈しむように優しく嬉しそうにふれあってくださる姿が印象的でした( *´艸`) 初めてお越しいただいた時からももんずさんとのふれ合い方が、とっても上手なご家族さま。 お話を聞けば、もともとももんずさんと暮らされていたとか。 その時のお話も聞かせていただきました。 8年前にはまだフクロモモンガは、今ほど知られていないイキモノで 診察してくださる獣医さんも少なかったでしょう。 動物病院の先生方の協力で、受診対象外だったフクロモモンガを診察してくれるようになり 今ではエキゾ専門の先生もいらっしゃるとか。 ご家族さまの思う心が、動かしたのでしょうね(*´ω`*)素敵ですよね。 信頼できる獣医さんが近くにいてくれることほど安心できるものはないですよね。 やはり、何かある前にしっかりと受診してくださる獣医さんがいることが どんなに大切かを改めて感じさせられました。 あ、コテさんは、今日もくしゃみっぽいものがでていますが、先ほどおやつの催促して モグモグと食されていましたよ( *´艸`) こんなあたたかいご家族さまの元へお迎えいただく ホワイトフェイスちゃんは幸せにならないはずがないですよね。 耳をペタンとして眠る姿は安心してきっている証拠。 うんうん。大丈夫だよ。安心してスクスク大きくなってね(*´ω`)桃ちゃん。 ホワイトフェイスっ娘ちゃんには「桃」ちゃんとお名前をいただきました。 甘い香りでジューシーさ漂うフルーツからなのかな? それともふんわりと控えめに香るけど、その主張は忘れない鮮やかな桃の花からなのかな? もしかして、ももんずさんだから桃ちゃん?Σ(・ω・ノ)ノ! ハリネズミさんなら、ハリちゃん・・・・。 それはそれでかわいいですよね(*´ω`) ご家族さまが、その子の名前を呼んでくださる姿は なんとも言えない毎回ニンマリとしちゃう。 お名前を付けていただき読んでいただいた瞬間から、ご家族さまとのstoryが始まります。 桃ちゃんは、どんな娘っ子さんに成長するのかな。 お。もしかしてそのポーズは・・・・。 キレイな姿で滑空を披露してくれました。 桃ちゃんは、決しておとなしい性格の子ではありません。 臆病なんだけど、やんちゃで自己主張をする娘っ子さんなんです。 お迎え初日から、臆病さよりやんちゃさがだせるのなら安心だね(;^ω^) たくさん愛情を育んで、おっとりではないけどご家族さまの体をチョコチョコと走り回っている姿が浮かびますね。 ベテランなご家族さまだから、ちゃむ家がお手伝いできることは少ないかもしれないですが いつでも遊びにいらしてくださいね。 どうか桃ちゃんをよろしくお願いいたします。
>> 続きを読む

部屋とTシャツとももんず( *´艸`) ()
おはようございます(*´ω`*) かなり前に「部屋とYシャツと私」と歌があったの覚えていますか? きっと若い方は知らないかもしれない・・。 1990年に流行ったとの事だから・・かれこれ30年も前の歌なのですね(;゚Д゚) ちゃむはまだ純粋な中学生? いや、記憶をたどれば花屋でバイトをしていた時に流れていた記憶もある。 歌詞を見ると、ちょっと怖い(;゚Д゚) これから結婚をする女性が男性に向けて歌った心境の歌なんだけど お洒落でいるために洋服を買ってくれ・・。 気に入った女性は自分と同じ名前で呼んで&浮気したら、毒入りスープ・・・。 純粋に相手の男性が好きすぎるって言いたいのだろうけどね。 って事で・・・。部屋とTシャツとももんが。寄せてみました(* ´艸`) なんのつながりもありません。 単なる相方さんの洒落だと思ってくださればありがたいです。 でも、相方さん愛用のGAPのTシャツとコラボあまりにもかわいいので(*´ω`) 何をされても、起きることなく熟睡のプラチナモザイクさんとプラチナくんツインズ。 一方、ままさんはお散歩timeから戻ってこられるので、そろそろママのところに帰りましょうか。 いつもは相方さんのシャレも鼻でふっ。と笑って即却下するけど、こんなにかわいいならアリ。 ニヤニヤしながら、毎日ちょっとずつ成長するbabyさんを愛おしく感じるちゃむなのでした。 その後のコテさん。 なんだか違和感のあった胸でしてるような呼吸は落ち着いたような感じがします。 でも、今朝あたりから何度かくしゃみっぽいものをしていたりします。 気を付けていたけど、寒暖差で風邪ひかせちゃったのかな(;ω;) 他のももさんは大丈夫だけど、コテさんももう5歳になるし高齢期? まだ早いような気もするけど・・・・。 気を引き締めて労わってあげようと思います。 みなさまも体調の変化に気を付けてご自愛くださいませね。
>> 続きを読む

コテツさん病院へ行く(;・ω・) ()
おはようございます(・ω・) できる事ならお世話になりたくない動物病院へ行ってきました。 おハルさんの場合は予防接種やフィラリア予防などの お薬をいただきに健康時に伺うこともあるのですが・・ ももんずさんの場合、1年に1度簡単な触診でまとめて連れていくこと以外行きません。 でもコテツさんの違和感の原因がわかるならばと行ってきました。 この日は、ちゃむ自身の内科の診察予約もあったのですが、そんなことよりまず、コテさんだ! フクロモモンガを診察してくれる病院は、まだ少ないです。 エキゾチックアニマル種を診察できますと記入があっても・・・微妙です。 必ず電話で問い合わせした後、行くのが良いかと思われます。 内部的な場合は少しでも早い診察が好ましいので、ももんずさんをお迎えしたら まず、フクロモモンガを診療できる病院とコンタクトをとっておくことを忘れないでくださいね。 元気だから大丈夫。 元気な時は必要ないので問題ないですが、いざという時にすぐに行動できるように 元気なうちに病院や獣医さんの様子をチェックしておくことが重要です。 少し前に、近所にまだ新しい動物病院ができてフクロモモンガの診療もできますよ。というので 早速下見に行った時の事。 連れて行ったのにもかかわらず、ポーチから一切ださずに診察終了。(◎ω◎;)はぁ? 「噛みますか?」の問いに「噛みますよ」といったからかもしれないけど・・ そして、料金4500円の請求。 ばかやろう。おまいさん、触診も何もしていないだろう?ぼったくりじゃないか。 ぼったくりまでいかなくても、ちゃむと会話しただけ。 動物病院で私のカウンセリング?(=゚ω゚) こんなとこ2度と来ませんわ。と怒りをぶつけたものの 相方さんに愚痴を言えば、門前払いじゃなく話を聞いてくれただけ良いんじゃない?ですって。 そして今日、フクロモモンガを診れると聞いてほかの病院へ。 やはりここでも聞かれます。「噛みますか?」と。 「そうですね、この子はうちのギャング組の子なので・・」 「噛まれどころが悪ければ、流血するかもしれないけど普段は血は出ません」と答えるちゃむ。 (ちなみに、ギャング組の組長はポケットさん(*´ω`*)) 獣医師さんが一応触診しようと手を差し伸べてくれた時に、コテさん威嚇(;^ω^) コテさん威嚇する子じゃないのに!少しはちゃむを仲間として認識していてくれたらしい(*´ω`*) 「ちょっと申し訳ないですが、胸の音を聞きたいのですが」と言われ そのままコテさんの胸を獣医師さんに広げるちゃむ。 そしてそのまま触診。 お、ちゃんと触診してくれる先生なんだ。とちょっと安心。 何かはわからないけど、なんとなく違和感があって心配なんです。といろいろ相談。 獣医師さんからは、飼い主さんから伝えられた症状から病気を想定してして治療を進めることが多いのだそう。 麻酔を使用してCTやレントゲンを撮影することもあるけど、とりあえず投薬で様子をみましょうと言われました。 話をした感じだと、フクロモモンガを専門に診察をしているわけではなさそう。 話が終わるまで口をはさむことなく聞いてくれ、その後に獣医師さんから質問。 こんな症状はないですか?とか体重の増減はどうですか。とか排泄の状態など。 獣医師さんから「きれいな尻尾のかわいい子ですね」と(*´ω`)そうなの。やんちゃだけどかわいい子なの。 胸の呼吸音は異常はないけど、少し酸素が足りていないかも。 少し呼吸を楽にできるように漢方を混ぜて薬を調剤してみますね。と投薬開始。 朝、夜の2回、1滴飲ませることとなりました。 ウコンやショウガなど入っているものはもちろん使えないので、ももんずさんでも使える漢方を処方してもらいました。 自宅では、体力を落とさないために、食事をしっかりと食べれているか確認。 もちろん体重も。 もし、食べ方が落ちてきているようなら・・・ 人間用で販売されているエンシュア経腸栄養剤を使用してみてくださいとの事。 ミルクなどでも好んで飲むけど、腸で栄養吸収できる方が負担がかからないとの事。 エンシュアあげて良いんですか?(;゚Д゚) 職場の冷蔵庫にもたくさんはいってる、あのエンシュアよね。 利用者さんが食事を食べられなかったり、少なかったりするときにサポートとして飲んでもらっているエンシュア・・。 たしかに腸で吸収でき高カロリー。 味がいろいろあるけど、どれでも大丈夫なんですか?と聞くとバニラが無難でしょうとのこと。 そうよね。さすがにコーヒーとかチョコは避けた方がいいわよね(>ω<; そしてももんずさん350mlは飲めなくて無駄になっちゃう分は、ちゃむが飲むの?(笑) 氷冷皿で小分けに冷凍すると良いですよ。とアドバイスまでいただきました。 まだなんとなくな違和感は消えることはないけど、投薬が終わるころにはいつものコテさんに戻っていますように。 2日ほとんど寝れず、ケージ越しにストーカー。 さすがに限界なので寝ようと思います(*ノωノ)
>> 続きを読む

感じる違和感(; ・`д・´) ()
こんばんわ?おはようございます?な微妙な時間にブログ更新。 昨夜は、ほぼ一睡もできず仕事出勤。 さすがにキツイ(;´・ω・)=3 若くない&寝ること大好きなちゃむが寝不足になった理由とは・・。 帰宅していつもの通り帰宅点呼!(*´ω`*)と各ケージの確認。 うんうん。みんな元気だね~。 今日はなにしてたの?(・ω・)まぁほぼ寝てるか。 ケージを開けポーチの中orでてきた子らをモフモフ。 このモフモフtimeにどれだけ癒されているんだろう(*ノωノ)みんなありがとうっ。 私忘れられてます?なハルさん。 そんな事ないよ~(>ω<;おハルさんは点呼しなくても、チラ見でわかる(笑) さすがにももんずさんより先に視野に飛び込んでくる愛娘ですもの。 でもね、まずは寝てるももんずさんからの確認ね。 何がって言う決定的なコレという原因はないけど、どことなく感じる違和感。 コテさん?(・ω・)元気に見えるけど、元気? わんこやにゃんこも、外傷は見て確認できるけど 内部的な体調不良は毎日関わっていても気づけないことが多いと思われます。 目に見えて体調不良がわかるようなら、それはかなりヤバい。 隠すんですよね。 体調が悪いよ。と人間のように表現したならば自然界では真っ先に捕食対象になってしまうもの。 それは天敵がいない人間と共存するこの子らも本能的に表にだすことはしない。 ポーチからでてきてご飯も食べてるし、便も尿も問題なさそう。 おやつにはしっかりと反応してモグモグしてるし・・・。 でも、なにか違和感のあるコテツさん。 何か見落としてないだろうか。 若干、呼吸行動に違和感? 胸で息をしているような感じもする。 強いて言うならば、相方のロロさんがポーチ内をしきりに気にしているような気もしないでもなくない。 ただ気にしすぎならば、それが一番なんだけど。 強い異変ならば、すぐに病院へ連れていくけれども コレと言った確証もないまま連れて行ったところで受け入れてくれることもなく 受診時間内に来てくださいと言われ帰されるだけ。 今できることは、何もないことを願いながら様子観察することしかない。 言葉という共通するコミュニケーションツールを持たない彼らと共存するには 「違和感」を感じられることが後に重要になってくることもある。 なにかアレ?と感じた時に、なんで・・と悔やんだことも。 panくんの時にも、気づけなかった何かがあったはず。 人間のように亡くなった時に死亡解剖などすることもなく 原因がわからないまま突然死とされることが多いけど何かがあったから・・ それに気づけなかったから・・なんですよね。 気づけたからって何かをしてあげることなんて限られているけど 何か違和感。異変に気付いて専門である獣医さんに託し守ってあげられてこそ 家族として迎え入れた責任なんじゃないかと。 この子らの寿命は8~12年とも13年ともいわれ、小動物の中では長い方なのかな。 それでも、人間より短く看取らざるえないのなら悔いなく送り出したい、 頑張ってくれてありがとう。と。 何もできなくてごめんね。と言いたくないもの。 異変に気付けても救えない現実があることも経験してきて、その悲しさは心に残る。 あ、ちなみにコテさんは先ほどちゃむの手をいつも通りカプカプ齧ってポーチへ戻っていきましたよ(;´∀`) ペアなおふたりケージだと便や尿の状態もどっちがどっちかわからないから、モフりながら確認。 その間コテさんは「何すんだよ。」とカプカプカジカジ。 隙ついてロロさんは、そのまま脱走しちゃうし。 おハルさんにロロさんの見張りをお願いし、コテさんと戯れるちゃむ。 コテさん、お爪が食い込んでるので優しくしてもらえないですかね・・・と かわいい前歯&鋭い爪と格闘モフモフ(*ノωノ) 元気なんだけどなぁ・・・。 体重が2日で3.6g減ってるし何か微妙な違和感が気になるので 今日、病院に行って診察してもらってきます(;´・ω・) 「病院なんか行きたくないです!」byコテツさん。 帰ったら大好きなマシュマロあげるからね(;^ω^) 人もももんずさんも同じ、何か体調に違和感を感じたら無理なく休みましょう。 ちゃむは、違和感なくともゴロゴロしてますけど(>ω<)笑
>> 続きを読む

ダークサカタ登場Σ( ̄□ ̄|||) ()
こんばんわ(*´ω`*) やっと、お日様が沈んだ後は涼しく感じられるようになった今日この頃です。 みなさま、いかがお過ごし・・・・。 ピーッ。ががっガガガっ!ぱすーっん! 俺さま。登場。 今日も俺、カワイイんだぜ。 目が合うと、ポーチから出てきてかわいさアピールな師匠。 あ、はいはい。今日も、師匠はかわいいデス( *´艸`) でもお散歩timeは、もう少し待ってて~。 「俺さま、カワイイから主役なの」by師匠くん。 ちょっと師匠、待ってって・・・(;´・ω・)=3 師匠くんが狙っていたもの・・・・。 今朝、届いたばかりの米、麦に並ぶ世界三大穀物と言われているアレ。 まさに、旬な野菜。トウモロコシ!(〃ω〃) 野菜だけど、甘くてシャリシャリしててスイーツなおいしさ。 すーちゃんままさま、北の恵みをありがとうございますっ!( *´艸`) 一目散にやってきた師匠くんが一言。 「俺さま、可愛いから。これ全部、俺様のな。」by師匠くん ちょっと、師匠?(´;ω;`)ダークサカタでちゃってるよ。 いつものカワイイ師匠はどこへ? 師匠、ブログじゃ音出てないけど・・デビルボイスでてる(=ω=;ファン減っちゃうよ?(笑) 「俺さま、カワイイの。」って顔してもダークなのバレてるって!Σ( ̄□ ̄|||) サカタ師匠は、食べ物を目の前にすると他の子からは聞けない鳴き方をするんです。 ウケケψ(`∇´)ψψ(`∇´)ψψ(`∇´)ψウケケ。 通称:デビルボイス。 この鳴き方すると、ペアで一緒にいるふうさんもビックリしてポーチに帰っちゃう。 そんな時は、喧嘩にならないようにふうさんと別々におやつをあげたりしていますけど 一体どこで覚えたのか(;´∀`) まぁ、そんな師匠もカワイイんですけどね(〃ω〃) ももんずさん大好きなトウモロコシですが・・・ 毎日あげてるとふくよかに育ってしまいますので、健康のため少量が好ましいです。 さて、明日はどのモロコシ食べようかな(*´ω`*) 美味しい味覚の秋。 季節の変化を感じながら心穏やかに、踏ん張りましょう。 みなさま、温度差に注意しながらご自愛くださいませね。
>> 続きを読む

琥太郎くんお迎えの日(*´ω`*) ()
こんばんわ(*´ω`*) この日は、ホワイトフェイスくんのお迎えの日でした。 見学はお母さまも一緒にいらっしゃいましたが、この日は予定が合わず・・ お父さまの運転する車でちゃむ家へ(*・ω・)お待ちしていました! 見学の時、コロナ感染の予防から相方さん1人で対応させていたかせていただいたので ちゃむは挨拶だけ(;´・ω・)コロナめ。 でも、今日はお迎えだもの。 たくさんお話した~い。とワクワクなちゃむ。 ではでわ、ももんずプレイroomへどうぞ~( *´艸`) 階段を上がり、いつもの灼熱部屋へ。 そしてお部屋についたのを確認して、ホワイトフェイスくんを手にもふもふしながら 待ってました!とちゃむ登場! 「こんにちわ~。」と初めてちゃむ家に来ていただいた妹さんにもご挨拶。 座り込んで話そうと思った瞬間。 まさかの出来事。 何が起こったと思います?(*ノωノ) 「あなた、突っ立ってどうしたの?とりあえずお迎え後の説明するから・・」 とチラリ見る相方さん。 ・・・・・Σ( ̄□ ̄|||)「あ、邪魔ですよね。また後できます」 対面して30秒弱で部屋から退去するちゃむ。 声を大にして叫びたい。 コロナのバカやろおおおおおおお! 「ちゃんと、僕、待ってました」とご挨拶するホワイトフェイスくん。 この子の性格は、物事に動じず落ち着いたまった~りな性格のホワイトフェイスくん。 男の子らしい「琥太郎」くんとお名前を付けていただきました( *´艸`) 「琥太郎・・・。僕、頑張って男の子するです」by琥太郎くん。 頑張らなくても男の子だから大丈夫だよ(*´ω`) ホワイトフェイスというだけあって、お顔から胸元の白い毛がとってもきれいな子。 今日から、たくさん遊んでもらってスクスク元気にどんな子に成長するのかな。 琥太郎くんをお迎えいただくご家族さまは、妹想いの優しいお姉さまとアクティブさが漂う行動派っぽい妹さま。 タイプの違う姉妹さまだけど、とっても仲良し(*´ω`)きっと毎日たくさんたくさん名前呼んでもらえるね。 さて、琥太郎くんはどちらのタイプに心惹かれるのか? 想定外のお父さま?琥太郎くんを優しく見守るお母さま? な~んて勝手に想像しながらニヤニヤしちゃいました。 ちゃむ家が育めるのは、babyさんの基礎部分だけです。 お迎えいただいた子がどのように成長するのかは、ご家族さまとの家族時間によってさまざま... また、それもご家族さまの味が出てていいと思います。. 同じ子がいないように、同じご家族さまもいないですもんね!. ご家族さまの思う素敵な子に育ててあげてくださいね。. そしてほんの少しだけ困った時に、ちゃむ家にお手伝いさせてください。. ご家族さまにバトンをお渡しして、その成長をちゃむ家も一緒に見守らせていただけたら嬉しいです。. またいつでも遊びにいらしてくださいね。 琥太郎くんを末永くよろしくお願いいたします(*´ω`*)
>> 続きを読む

旅立ちの日に。 ()
こんばんわ(*´ω`*) 今日は、帰宅した長男くんといろいろお仕事について話しました。 少し前から、「おれ、転職したい・・・」「なんか、精神的にツライ」と長男くん。 でもなんだかんだ、辞めたい衝動に動かされることなく続いているけど その後はどうなの?と。 「なんだかんだ愚痴言いながら続けてそうで怖い」と、長男くん。 それはそれでいいじゃないか。と思いながらアレコレ話をしてみる。 仕事とはなんぞや? 自分の能力を駆使し、その対価をして給金をいただく事。 それ以上でもそれ以下でもない。 ちゃむにとって仕事とは、これくらいにしかないのです。 面接でこんな事いったら、もちろん即不採用になるのでダメですよ。 幼少期のちゃむには、動物が好きだから動物に関わる仕事をしたいと夢見たこともありました。 でも、獣医を目指すのはお金がとってもかかると言うのは子供のちゃむでもわかるほど、貧乏だったのです(;´∀`) イルカなどのトレーナーに憧れたこともあったけど、泳げないちゃむには無理。と却下。 動物園の飼育員さんなどの職に就くにも、学ぶにはお金がかかるという事実。 とにかく、親には頼れない環境でどうしたら動物と関わる仕事ができるのか?と 進路を考え、ちゃむが調べてできそうだったのが・・トリマーでした。 もちろん、トリマーとして働くにも技術が必要なので専門校へ通う必要があり 親に頼れず自らバイトで学費を稼ぎ、卒業。 トリマーは、重労働だけど給料が安い。 それでも満足だったのですよね。 好きな仕事で生活するって疲れるけど、苦じゃないんです。 でも、離婚という選択で人生は大きく変わりましたね。 息子’sを育てながらトリマーの仕事を続けていくのには無理がありすぎたのです。 お金が足りないし、保育園に預けられない時には急遽やすめるはずもなく・・ 休憩室で子どもを寝かせながら、トリミング(>ω<; トリマーはサービス業の1つで、土日祝日、年末年始、お盆は大忙しだけど 子どもを預かってもらえる場所もない。 好きな仕事だけど、続けることすら困難な状況に陥る当時のちゃむ。 トリマーの仕事ができないというより・・ 当たり前だけど、仕事しないと生活ができないんですよね。 それから仕事に夢を見ることなく、ただ生活するために職種問わず働いて育児の毎日。 そりゃ心も病みますわ。 子どものためと働いて、子どもを蔑ろにした結果。 ・・・・次男くんの猛烈な反抗期&カウンセリング事件勃発に至る。 この頃から、働く事の定義がちゃむの中で変化したのかも。 何のために、誰のために働くの? ちゃむの場合、子どもとの生活をするため。 それが全て。 なので職にはこだわらないのです。 自分の能力でできる事であれば、それでいいのです。 できないことを求められても、無理。 もちろん、できる範囲で最大限の努力は惜しまないですけどね。 仕事に対しての考えが、間違えているのか正しいのかわからないですし(;´・ω・) 何を差し引いて、続けていけるのか。 まず自分の大切だと思える時間を確保できるかじゃないでしょうか。 今の自分と心の計算。 子どもとの食事の時間、ゲームが好きならゲームできる時間でもなんでも良いのです。 映画が好きなら、毎日1本は映画が見れる時間とかわんことお散歩に行ける時間。 人それぞれ、大事に思える時間は違うのですからね。 他人からみて、じゃなく自分が大切に思う時間。ただそれを守れるか。 好きな仕事に就けている人は、少ないと思います。 できない仕事とできる仕事。 これは自分が好きな仕事、嫌いな仕事とは大きく違うと思います。 何を差し引いて、続けていけるのか。 まず自分の大切だと思える時間を確保できるかじゃないでしょうか。 通勤往復3時間だとしましょう。 この仕事が楽しくて、楽しい。と感じられたり 本を読むのが好きで、通勤時間中に本が読めるならOKだと思います(*‘ω‘ *) 子どもと食事するのに通勤3時間使っていたら、できないですよね。 これじゃダメだと思うのです。 こんな感じなんじゃないでしょうか。 対価としてもらえる給料が高い。 そのために通勤3時間使っても満足できる対価をもらえるならOK。 でも、対価として評価が低ければどうでしょう。 ダメじゃないですか?(・ω・)いつか心が壊れちゃいます。 こんな感じで考えてみて、どう?と長男くんとアレコレ雑談time。 まだ見つけられていない楽しい大人時間はこれからだもの。 仕事なんか、なんでもいいのよ。 でも、仕事をしないと生きてはいけない。 現実を見つめながら、自分の心と折り合いをつけるのも教訓の1つ。 元気でいてくれればそれで良い。 こんなんだから、あなたはいつまで子ども甘やかすの?と言われちゃうかもだけど 親はいつまでも親。子どもは無精ひげ生やしてても、かわいいんだもの(*ノωノ) 「お話終わりましたか?お外行きたいです」byおハルさん。 ごめんね。お散歩いきましょうか(*´ω`*)
>> 続きを読む

何故・・・・(=ω=) ()
こんばんわ(*´ω`*) お昼休みに帰宅して玄関を開けると・・・ 明るめなトーンでテンポ早めな歌が聞こえてきました(・ω・) 今日は、次男くん有休を使用して映画を見に行くと言ってけど 歌いながらお風呂に入ってたのです。 ドナドナド~ナド~ナ~子牛を乗せて~♬ ・・・・何故にドナドナ?そして何故にハイテンポな曲調?(;´・ω・) たしか、ちゃむの記憶が正しければ・・ 物悲しいメロディにのせて、市場へ売られていく可哀想な子牛との別れを淡々と歌った歌だったはずなんだけど。 もうすぐ20歳になる男くん。 なんでドナドナなの?って聞いたら、特に理由はないけど浮かんだから。らしいです(*ノωノ) シャワー中に歌う歌がドナドナって(笑) 今日は、パペットサンタさんでハルさんとバトル。 日頃の恨みなのかもしれないけど・・ 絶対、指を狙いにくる確信犯なおハルさん(=ω=;そこ中に指あるの知ってるよね? 「し・・しらないです。ぬいぐるみと遊んでるだけです。」byハルさん ・・・・・・・(・ω・)その顔の意図は? 今日も、洗濯機(7kg)を3回もまわしやり切った感満載なちゃむなのでした。 みなさま、まだ暑い日が続いておりますので熱中症にお気を付けくださいませ。
>> 続きを読む

病んでるのかしら?(*ノωノ) ()
こんばんわ(*´ω`*) 9月に入って、なんか慌ただしい毎日。 徐々に心の中に蓄積される黑いモヤモヤ。 心の黒いモヤモヤをどこかに捨てたいけど 感染が怖くて、おでかけできずにいるちゃむです。(;´・ω・)お天気もこんなんですしね。 お昼休みに帰宅しても、ハルさんのお出迎えもなし(´;ω;`) 絶対気づいているのに、何してるの?とキョロキョロ。 あの、暑くないの? 9月だけどお外はまだ30℃超えてますが・・・。 具合悪いのですか? 隙あれば、たたんであるタオルケットを前足で程よくしわくちゃにして中で寝るおハルさん。 おハルさん、あなたはわんこですよ!(*‘ω‘ *)ももんずさんじゃないですよ? そして、もう1つ言いたい事があるのです。 毎朝、起きるとシーツの上を粘着テープでコロコロしておハルさんの抜け毛お掃除してるの知ってますよね? 「・・・・眠いんですけど?」byおハルさん ちょっ。(;゚Д゚) ちょっと聞いて? タオルケット丸めて潜るの大好きなの知ってるけどさ・・・。 シーツと違って、タオルケットをコロコロするの面倒くさいんです。 そしてタオルケットは、どんどん糸がでちゃってきてるし。 ご自分のベットで寝ていただけないでしょうか(*ノωノ) と、愚痴を言ったところでおハルさんは聞く耳を持ってくれず(´;ω;`) どんどんわんこの社会から、ももんずさんよりになってるおハルさん。 お散歩行って、ご機嫌に歩いてるわんこさん見れば、相変わらずぎゃん吠えしちゃうし。 おハルさん、あなたはももんずさんではなくわんこさんなのです。 おりこうさんにお散歩しているお友達に向かって「なんやごるぁ!われ~」的なぎゃん吠えやめませんか?(;´・ω・)=3 「かーちゃ、なにか言ってるよ。」byホワイトフェイスbabyさん。 「見ちゃダメですの。目合わせたらこっちにぶつぶつ言いだしかねないですよ」by のち子 の・・・のち子さん?Σ( ̄□ ̄|||)聞こえましたけど? いつも真っ先に駆け寄ってくるのち子さんなのに・・・。 わかりました。 フィッシュスティック1本で帰ったらお話付き合ってください。と ため息を大きくつきつつ職場に戻るちゃむなのでした。 もぅ、なんでこんなに洗濯物があるのよぅ! ちょっとお疲れ壊れ気味なちゃむのお昼休みを綴ってみました(;´∀`) みなさまは、心の癒し足りていますか?
>> 続きを読む

リューシーくんお迎え(*´ω`*) ()
こんばんわ(*´ω`*) この日もちゃむ家はお迎えで、お客さまをワクワクドキドキでお待ちしていました。 初めてのご対面は6日前。 ちゃむ家でこれほど早くお迎えいただけることはないのですが・・ ご見学の日は、すでにリューシーくんのコミュニケーショントレーニングは終了していました。 でも、ちゃむ家ではお客さまのご自宅でお迎えする準備を整えていただいてからの お迎えをお願いしいますので、この日はお迎えいただけませんでした。 用品をご準備してくださいませんか?とご依頼され準備することになったのですが ルーミィの加工もしなくてはいけなかったり、足りないものを発注したりとお客さまにお待ちいただいていたのです。 ふれあい方や、リューシーくんの性格などなど、たくさんお話をさせていただきました。 見学の日は、ももんずさんの魅力をたくさんわかっていただくのですが・・ お迎えの日は、その子その子によってお話内容は変わります。 約2~3時間リューシーくんについてお話させていただいたと思います。 それでも、まだ話したりないことはたくさーん(;´・ω・)笑 「僕のお名前は?」と待ちきれなくて聞いているようです(´ω`*) 「雪」くんとイメージ通りのお名前を付けていただきました。 お名前が決まると、愛おしさも倍増ですよね。 これから何十回、何百回、何千回・・何万回?と呼びかけるお名前ですから( *´艸`) 「僕の名前は雪。お名前決まって嬉しいです。」by雪くん。 「今日から、たくさんたくさんお名前呼んでください」by雪くん 本の情報、ネットの情報、あまり役には立ちません。 だって、同じ子なんていないですし ご家族さまの生活環境も違えば、飼育環境、ふれあい方、ふれあう時間、その子を取り巻くすべての環境は違いますからね。 だから実際に生活しながら分からない事や、不安な時はご家族さまと一緒に考えて解決できる方法を考えたいのです。 もちろんご家族さまがそれを許していただけるならですけどね...(*ノωノ) 雪くんとご家族さまの物語は、はじまったばかり!. そしてちょっとだけ雪くんの成長を見守らせていただけたら嬉しいです。 雪くんを末永くよろしくお願いいたしますね(*´ω`)
>> 続きを読む